peakvox[ピークボックス] -Blog- 第四回ルート・キャンドルの紹介

peakvox

Home > Blog

BLOG

2009/04/22

第四回ルート・キャンドルの紹介

ラベル:Route Candle 【iPhone/iPod touch】

こんにちは。
どうもS水です。

桜が散り、新緑が目に痛い季節になって参りましたが、
いかがお過ごしでしょうか。
このブログも更新停滞ぎみ・・・になってきてますが
まあいろいろと忙しかったりします。

peakvoxの新作アプリも来月には複数本リリース予定
なので、乞うご期待!といったところ。
その割りに、公式ページに変化ないですねえ。

さて、配信中の『Route Candle(ルート・キャンドル)』ですが、
海外サイトでいくつかレビューされてるのを発見しました。

星の数ほどあるiPhoneアプリの中から、こんな弱小レーベル出身の
1アプリに点数をつけてくれるなんて、世界っちゅうのは意外と繊細な
ところもあるんですね。

というわけで、レビューページをいくつかご紹介。
ちなみに全部英語です。


■■■■■■■■■■■148Apps ■■■■■■■■■■■
http://www.148apps.com/reviews/route-candle/

総合評価:★★★★★
グラフィック・サウンド:★★★★★
操作性:
★★★★★
ゲーム内容:★★★★★
熱中度:★★★★

このサイトは★の5段階評価でレビューしてくれてます。
なんか満点に近い評価にしてもらっちゃって、恐縮ですが
ちょっと過剰評価ですね・・・
「暇つぶしゲーに思いついたこと詰め込んだ」的なアプリなんで
もしいい感じのバランスに仕上がってると感じてくるなら、
それは奇跡です。


■■■■■■■■POCKET GAMER ■■■■■■■■
http://www.pocketgamer.co.uk/r/iPhone/Route+Candle/review.asp?c=12686

総合:8点(SILVER)

自動翻訳にかけて日本語になおしてみても、イマイチ何を
言ってるかよくわからないんですが、地味だけど楽しいんじゃね?という
ような内容でしょうか。(S水の英語スキルの問題)

「不条理なものではないが愚かな中毒です1つは 、
iPhoneを提供する中で最も独特のタイトルを探し、
ルートキャンドル楽しいです」

言葉の意味はよくわからんが、とにかく褒めてくれてると信じます。


■■■■■■■■TECH-GAMING ■■■■■■■■
http://tech-gaming.com/2009/04/15/route-candle-review.aspx

FINAL SCORE:A-

このサイトは、A+~D-までの約12段階評価のようです。
しかもiPhoneもPS3もWiiもXBOX360も同じ並びで評価するというちょっと
スゴいサイトです。

レビューの中で、ルートキャンドルは、

「チューチューロケットとピクミンとゴルフをミックスさせたようなゲーム」

とあって、今度からこの表現いただこうと思った次第です。
ゼッテー面白そうに聞こえるもんね。

そんな感じで、プレイした人にはそんなに評判悪くないかもしれない
『Route Candle(ルート・キャンドル)』をよろしくお願いします。
海外サイトのレビューのコメント欄に、「無料版はないのか」という話が
チラホラでてるみたいなんで、近いうちに配信できるようにしてみたいなあと
思ってます。ではまた。

2009/04/06

第三回ルート・キャンドルの紹介

ラベル:Route Candle 【iPhone/iPod touch】

こんにちわ。
どうもS水です。
いつのまにか『Route Candle(ルート・キャンドル)』が配信されてました。
App Storeっていつ発売になるかよくわからんですな。

———————-
APP STOREへレッツGO!
———————-

そういえば、定額給付金でなら買ってもいいかもランキングとやらで、
ゲーム機・ソフトが1位だったとか。
是非iPod Touchでも買ってみたらどうでしょう。予算オーバーしてるけど。

さて、今日は何のこと書きましょうか。
『Route Candle』開発終了から結構時間経ってるせいもあり、
開発おもしろエピソードを思いつかないんですが。

とにかく、今回は少人数開発で、誰が仕切るとかじゃなくて、思いついたものは
深く考えずにガンガン取り入れていこうという開発スタイルで乗り切ったわけですが、
キャラクターデザインについては、10分ほどデザイナーと悩みました。

リアルなZippoライターで、バーチャル炎を再現するという
画期的なiPhone/Touchのアプリがあったんですが、
「アレをモチーフにしたキャラで!」というお題でデザイナーに考えてもらったのがこれです。

(さて、どれに決まったでしょうか)

リアルな炎をキャラの頭につけるので、
「なんか燃えそうな素材がいいな」って
ところから、紙で落書きしたものがコンセプトになったわけです。
個人的には右上のデザインを推しましたが、シュールすぎで却下になりました。

結局、どのキャラになったのか記憶が定かでないですが、それを確かめる意味でも
『Route Candle』で遊んでみてください。
キャラがめっちゃ動いてた…と思います。

<今週のSpecial Thanks>
4Gamer.netさんがレビューしてくれました。レビュー記事はこちら

おもしろそーな予感。

2009/03/26

第二回ルート・キャンドルの紹介

ラベル:Route Candle 【iPhone/iPod touch】

こんにちわ。
どうもS水です。

WBCで日本が優勝したので、第二回目を書かせてもらえることになりました。
一時はどうなることかと思いましたね。

4月上旬に発売予定の
『Route Candle(ルート・キャンドル)』

ですが、
WEBサイトが公開されてるんで、こっちを見てもらえるとゲーム内容が
もう少しわかるかもしれません。WEBデザイナーさん、ありがとう。
http://peakvox.com/jp/iphone/routecandle/index.html

さて、『Route Candle(ルート・キャンドル)』なんですが、
開発期間が短い上に、それぞれのスタッフも他に仕事を抱えてたりしたんで
スタッフのスケジュールにいかに作業をねじ込むかってのが課題なわけで、
その辺のパズル性が、このゲームにも反映されてるような気がしてなりません。

■■『単純なシステムのハズが・・・』の巻■■
そんな感じでゆる~く開発が始まったわけです。

ベースとなるシステムは、カーナビといっしょで、
ユーザーが目的地を指定すると、そこまでの最短経路を計算して
その経路でキャラがたどり着くというもの。
こういうのって、コンピューターが最も得意とするところじゃない?知らんけど。

で、もうひとつ条件があって、
それは「キャラは真後ろには方向転換できない」ということ。
とりあえず、前か右か左に進ませて、その上で最短経路の探索をするシステム。
カーナビも、その場で方向転換させるような指示しないでしょ?
この条件が今回のパズル性を担うハズ・・・


(画面イメージは開発中のものですので)

上図で、目的地までの最短経路って右ルートも、左ルートも同じ距離なわけで、
どちらのルートを通らせる仕様にするのかが最初の問題でした・・・
(この程度のことにイチイチつまづくんですよね、ゲーム開発って)

S水  「分岐点にきたら、ユーザーに右か左か選択させれない?」
WB(プログラマ) 「後々複雑になりそうなんで、ランダムがいいと思うッス」
S水  「ランダムねえ・・じゃあ、常に左を選ぶって思考にしてくれない?」
WB  「分かりにくくないッスか?」
S水  「T字路に来たら、人間の心理として左に曲がりやすいって噂やん?」
WB  「人それぞれじゃないッスか?」
S水  「じゃあどうすんのさー」
WB  「そういう地形にならないようにして欲しいッス」
S水  「んな器用なことできるかぁぁーーー!!」

最終的には、
「カーナビだって、どういう経緯でルートチョイスしてるか分からへんやん!
そのチョイスのクセが個性ってことで評価されてるんやん!
世間ってそういうもんやんけ!」

みたいなことを、標準語で温和に言ったような気がしないでもないですが、
まあ詭弁ですわな。
カーナビの選んだルートにイチャモンつけてない人みたことないし。

とはいえ、「ユーザーが理解しにくいルールは排除すべき」という考え方と
「シンプルなゲーム性を実現するためには犠牲が必要」という考えのせめぎ合い。

面白けりゃなんでもええわみたいな考えが根底にありつつも言い出せない自分。
とにかくスタッフ内で言い争いと試行錯誤を繰り返した結果、たどり着いたのが
今の形なわけで。

果たして、いろんな四角い問題をいかに丸くおさめたのか!?
いや、おさまっているのか!?それは

4月上旬発売の

『Route Candle(ルート・キャンドル)』

・・・iPhone,iPod Touch用アプリ

で確認お願い!
(次回、発売前後になんか書かしてもらう予定です。次があればの話ですが)

2009/03/18

第一回ルート・キャンドルの紹介

ラベル:Route Candle 【iPhone/iPod touch】

こんにちわ。 

開発スタッフのS水です。
さて、今回はpeakvoxから4月発売予定の
新作iPhoneゲームの宣伝にわざわざやってきました。 

ゲームタイトルは『Route Candle(ルート・キャンドル)』
という、ルートナビゲーション・パズルです。
ルートナビという一見斬新なシステムを使った・・
マッチで火をつける的な・・ちょっと頭をつかう・・みたいな・・パズルです。



自分には・・このゲームをうまく説明できる気がしませんね、正直。
ところで、モノゴトを1、2行の文章で表現できる能力って
相当必要なんだってことに最近気が付きました。

もっと本読んどけばよかったのに。

話ズレました。
今回、新作『Route Candle(ルート・キャンドル)』
宣伝に来たんですが、文章下手なんで、企画書でも読んどいてください。
社内用の企画書ですけど、のっけていいんですかね?>越田さん

公開許可は事後承諾ということにしておいて、こんなんです↓
【ページ1】 ———————————————
 

【ページ2】———————————————

【ページ3】 ———————————————

【ページ4】 ———————————————

結局、S水が書いた書類なんで、イマイチ内容伝わらないかもしれませんね。。
うちの会社は企画を考えたら、社内でプレゼンして、
好評なら役員にもプレゼンして、さらに根回しして・・みたいな工程な
わけですが(どこの会社も似たようなもんですが)、
そのときの企画書がこれです。
こんなもんで社内審査が通っちゃったんですからいい会社ですね。
(開発期間はちょこっとしかもらえなかったけど)
ちなみに、社外のプレゼンだったなら、こんな小汚い草案レベルじゃ
間違いなく干されます。 その辺はS水もわきまえてるつもりでして、
まあpeakvoxだからラフな感じで本音かけるというか。
そういえば、『peakvox』って「ありのままに」という意味もあるらしいですね。
知らんけど。
というわけで、ほぼ無駄話でしたが、
4月上旬発売の 

『Route Candle(ルート・キャンドル)』

・・・iPhone,iPod Touch用アプリ 

乞うご期待!

(今度はルート・キャンドル製作で起きたトラブルでも紹介しますわ。
次があればの話ですが。)